PluMoons...

contented mundanity of murmuring two moons
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 一目惚れ | main | No GW = No May Depression?! maybe... >>

超不定期

・・・何となく、何となく書いていませんでしたがな!



だって・・・だって・・・
書こうとすると、考える事に集中できないんだもん!

で、結局何が書きたかったか忘れちゃう。



皆ともっと頻繁に顔を合わせて(リアルにin personでね)
色んな話を継続的にできたらいいのに。ぷぅ。

オンラインという手段では満足できません。
ていうか、朋はそんなに字面でのコミュニケーション能力高くないから凹




沈黙の間にはまた色々なことがありました


(中略)


・・・「書かないんかい!」(セルフ式つっこみ)


ごめんね、色々ありすぎて。




《一番最近のネタを・・・》


最近、大学時代に授業で押し売りされた買ったのに
ずーっと読んでいなかった「ムーサよ、語れ」(三陸書房)という
ギリシア文学についての本を読み始めました


大学のときには佐野先生の顔ばっかり目に入って、
授業の内容はさっぱり頭に入っていかなかったけど

今読んだら、とても面白い

特に、序章の川島先生の文章にアドレナリン出ました

神話と哲学と科学、そして文学について
こんな視点から語れるのか!と感嘆し、
すごい先生達の授業で爆睡していたのを思い出して
授業料をいかに無駄に消費してしまっていたかを悔やみ・・・etc.




本の内容も、最近たまたま話していた話題とクロスオーバーしていて
プラトン、ソクラテス、アリストテレスのこととかね・・・
内容のことでも色々考えたけど、


それよりも、
今日の主張はズバリ

やっぱり早生まれって、関係あると思うよ!!!!!」です(笑)。




だって、本当につい最近までは、

「どうして皆わかる or できることが
朋にはわからない or できないんだろう?!?!?!」

ということが、密かに、でもスッゴクすっごく
コンプレックスでありました・・・




で、やっと追いついてるんじゃないかと、思うんですな


例えば4月生まれの人なんかと比較するとね、
朋は彼・彼女達より1年成長段階が遅い状態で学校に行って、
社会的なスキルとか、口は達者になるかもしれないけど
(↑精神年齢が高めな理由・・・)
脳みそは追いつかないんじゃないでしょうかね



え?言い訳?



uh, まぁねー
考えるのとか、勉強するの、総じて好きだと思った事ないけどさ・・・


でも、あまりに最近読む本の意味がわかるので
(本当、いままでエッセイしか読めなかったのは
そういうことなんじゃないか?!)
自分でも驚いちゃって、説明しようとしてるだけです



夜遅くまで起きていると、
こういうわけのわからないことを書いちゃうわけです




*********************************


「不死なる神と悲劇は相容れない(p.35)」

・・・現在の宗教における「神」を考えると、大きな違いを感じます

アテネ・ギリシア時代の人間とは、神とは、何であったのか
biologicalには同じかもしれないけれど、
人が抱く人間観、存在についての感覚、それは違ったのでしょう


- | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする